読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

TAMA日記

主に政治・文化についてまとめます

カッピング(吸玉療法)とかサイエントロジーとか

主に高齢者で、骨がボロボロになって行き、軽くつまづいた程度でも簡単に骨折してしまう、骨粗鬆症(こつそしょうしょう)という病気があります

今から10年程前、この病気の治療薬といして「ビスホスホネート製剤」というお薬が市販されました。

これには骨を破壊して新陳代謝を促す細胞(破骨細胞)の機能を抑える事で、骨密度の現象を抑える能力があります

かつて骨粗鬆症にはホルモン療法やビタミン療法しかなかったので、このお薬は画期的な治療法と注目されました。

ここで、このビスホスホネート製剤が市場に出るまでに製薬会社(アメリカ・ドイツ)が経た道をざっくり紹介します

薬のコンセプトが考案され、動物実験で一定の安全性が確認されると「治験」というステージに移ります

ビスホスホネート製剤で採択された治験の経緯は…

骨粗鬆症の治験患者Aに本薬を投与し12年経過観察する
骨粗鬆症の治験患者Bに骨粗鬆症とは全くない薬(偽薬)を投与し12年間経過観察する
骨粗鬆症でない治験患者Cに本薬を投与し12年間経過観察する

これによって12年後の①・②・③の骨密度と骨折発生率、副作用の有無をデータ解析して、統計学的に有意な結果が出た後に、市販薬として販売されました。

※尚、この薬の効能の是非は処方する医師も理解してません(提供する製薬会社・研究所のみで把握しています)

※こういった検査法をダブルブラインドテスト(doubleblindtest)と言います

一般的な日本人の感覚だと「①はともかく、②と③は酷でぇ話だ」と感じるかもしれませんが、これがガチの治験です。当然莫大な費用もかかっています。

…只、これだけの手間をかけて世に出て来たビスホスホネート製剤にもかかわらず、現在では「(特に抜糸後の)下顎骨壊死」という深刻な副作用が多数出て、今問題になっています。

最近は副作用を警戒してビスホスホネート製剤投与を控える傾向も大きい様ですが

僕は本薬投与群と従来薬投与群、ならびに非投与群の改善値に相当な差がある(つまり、飲むと相当効果がある)事を知っているので「副作用のリスクより、薬を飲まない為に骨折するリスクの方が遥かに高い」…と判断しているので、本薬の是非についてなかなかおいそれと語れない所があります。

さて、話は変わってサイエントロジーについて

これは特に向神経系の市販薬を「麻薬と変わらない程わるいもの」と主張し、拒絶する人々が構成した団体です、著名人ではトムクルーズなどが賛同してます。

正直言うと「向神経系の薬を避けたがる」…って所までならば、まぁ言いたい事はわかります。

ビスホスホネート製剤の様に「破骨細胞を抑制➡︎骨粗鬆症改善➡︎骨折予防」というわかりやすい指標があれば、標的細胞の量や、骨密度・骨折頻度など、客観的な指標が出しやすいのですが

神経系の薬はどうしても本人・周囲の人々の主観評価に頼らざるを得ない上に、(ビスホスホネートの様に)活気的に改善されるとは言い難い薬が殆どだからです。

薬の機序も結構微妙です。例えば、アルツハイマー認知症の予防薬として開発された「ドネペジル」という薬がありますが
これは認知症患者の脳を調べた結果、アセチールコリンと呼ばれる脳内物質が少なかったので「…じゃ、(アセチールコリンを)足せば良いんちゃうん?」という、なかなかチャレンジャーな仮説を元に開発された薬です。

だから、これら神経系の薬を(例えばトムクルーズが)控える、控えたいという気持ちは、個人的にはわかるっちゃわかります

只、このサイエントロジーの困った所は、この信念を「宗教化」して宗教団体を設立し、信者から政治家を擁立し、社会に拡散しようとしている所です

神経薬の効能が低い事も、看過できない副作用がある事も事実でしょうから、投薬をやめてかえって改善する人もいると思います。でも、それはアンタらが改善したというだけで、これらの投薬によって改善する人が相当数いるから薬は市販されている訳ですので、僕からみた彼らの活動は「社会の迷惑」です

この類で、アレルギー系の改善策などをブログなどで紹介されている著名人をよく見かけますが
それはあくまで「私が良くなった健康法」に留めるべきで「私が良くなったから、貴方もこれをすると良くなる」…などと紹介し出すと大抵はメンドくさい世界に堕ります。

これと逆のパターンなのが、現在フェルプス選手で一躍脚光を浴びているカッピング療法(吸玉療法)です
吸玉で組織破壊が起こるなどいったスゲぇ解説記事がありましたが、そんな報告いちども聞いたことはありません。

科学的な療法に明るいものほど、科学的療法には未だ限界がある事を知っているものです。

労働組合としての自民党

前回記事の続編として、与党自民党に於ける党としての意義について考えて行きたい。

 

現行与党の政策は例えば「原発は推進路線」で「消費税は増税路線」であるが、原発反対する議員も消費税増税に反対する議員も数多くいる。

そんな彼らをみて「党意に反対するなら離党して独自政党を立ち上げるべき」との声は少なくないと思う。

だが、彼らの存在意義が「国会・地方議員の為の労働組合」だと考えれば理解は易い。

前回書いた様に日本の議員の勤務環境は熾烈を極める、ブラック企業を撲滅する為に奔走して頂きたい議員の勤務環境がブラックではお話しにならない。

彼らが彼らの生活を守る為にチームを組むのはごく自然の事だ

 

ここで僕は「いや、それは国民の生活を守る事が使命である議員として相応しくない思想だ」…などと主張をするガーな皆さんに言いたい

 

彼らは別に光の国から僕らの平和を守る為にやって来た訳ではない。

普通の人間だ。いい加減我々は政治への依存体質から抜けた方がいい。

 

もちろん、現行環境が良いとは僕も思ってはいない。

勤務環境の過酷さから幾つかの優遇策が取られて来たが、その結果組織内部が腐りまくり、暗黒化を来してしまった。

特に政党助成法は多数派のみを過擁護し、社会を全体主義に誘うクソ法案だと言わざるを得ない。

 

但し政党助成法だけを改定したら、今度は議員が死んでしまう。改定の際には必ず辞任議員の就職支援策を併せて検討する必要があるだろう。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

f:id:tamano03:20160804222243j:image

どうしてこうも政治家とはバカなのか

…その一番の理由は「バカから支持されないと当選しないから」…このひと言に尽きるといって間違いはないだろう。

 ◯

僕は中学時代英語塾に通っていた。そこの教師は元GHQの通訳をしていた程のバリバリのエリートで、通って来る生徒の特性に併せて全て異なったカリキュラムが組んでいた(ちなみに僕は、なんだか良くわかんないのだが授業の殆どが『国語の』古文であった.汗)

 

ある日、そこへ地元の市議会議員の息子が入塾して来た。英語講師が施した彼への指導法は、レクチャーの合間約30分置きに以下の言葉を投げかけ続けるというものだった

「君の親父さんは落選したら只の無職だ」

「チヤホヤされてる今が普通と思うな」

「サラリーマンの子とは違う」

 

…ブートキャンプなぞ目ではないくらいの【ほぼ拷問授業】を目の当たりにし続けた少年時代の僕はそのとき「政治家にだけはなるまい」と、強く心に刻んだものだった(苦笑)

 

 

女房子供抱えていきなり無職になればたまったものではない。そればかりか町をあるけば後ろ指さされるのは想像に易く、子供も確実にいじめられるだろう。こんなハイリスクな職業はなかなか存在しない

 

このウルトラブラックな勤務環境こそが政治腐敗の元凶であると僕は確信している

 

この「ブラック議会」の弊害は数え切れない。。

 

【弊害①】士師業者や地主、・2世議員・タレントなど落選しても生活の糧があるもの、当選が確定しているものに立候補者が偏る。この中には年季受給者も含まれる訳で、候補者の高齢化は否めなくなる。

【弊害②】余程の根性が無ければ同情票〜同調票に走り、批判意見が受容できなくなる

【弊害③】政党(特に与党)が、本来の目的である政策集団としての機能よりも、「政治家の為の労働組合」としての位置付けが強くなってしまう

【弊害④】野党が与党との差別化にだけ固執する「只の目立ちたがり屋集団」と化す

 

つまり、野党がだらしないのも、多数派工作ばかりでまともな議論ができないのも、皆制度上の問題だという事だ

 

政治の問題は即ち我々の生活に直結する課題でもある

「政治家がバカをせずとも政治家をやっていける環境作り」とは全く政治家の為ではなく我々の為に必要な改革なのだ。

 

では以下に、政治家の勤務環境を改善する為の幾つかの私見を列記する。

 

①週末議会・夜間議会

・議会を一般就業時間外に開催する事で、議員が元の職業を継続できる環境を整える。

・提案自体は既に品川区などでなされている

 

②議員終了後の職場復帰支援

・つまり「育休」ならぬ「議員休」を企業に義務付ける

・欧州ではむしろこれが普通

 

人工知能(AI)導入

・こう言っちゃあアレだが、もうじきコレが本流となる様に思えて仕方がない

 

④役人の行政参加推進

・選挙で選ばれた政治家でなく、試験で就職した自治体職員による行政参加を促す

・現行の横浜がこれに近い

 

この他にも良い提案があれば是非伺いたい

 

f:id:tamano03:20160803012733p:image

 

スイッチのない核ミサイル

2016東京都知事選挙

結果をみれば想像を遥かに超えた得票差で小池百合子女史が初当選を果たしたが

これは彼女と彼女を支えたスタッフが優秀であった事もさることながら

政党推薦という圧倒的マージンを携えて敗退した、増田・鳥越陣営に致命的な戦略ミスがあったといわざるを得ない。

 

今の所、僕にとってのこの「夏の陣」は小池女史の勝利というよりも、増田・鳥越両陣営が負けた戦いとしての色合いが強く残っている。

 ○

さて新知事決定から一夜明けた今日

SNS界隈を彩っている話題は

 

小池女史の自民離脱〜新党設立の可能性と、出馬当初に掲げていた「冒頭解散」実行の是非についての様だ

 

○○

まずは冒頭解散について私見を述べたい

 

先日のブログでも触れたが、冒頭解散の実効性についての論議には全く以って意味はない。

 

あれの主目的は写真週刊誌から世論の目先を変えるデゴイランであり、目先が変わった時点でその役割は殆ど達成されている

 

なお同様に写真週刊誌からスキャンダル被った鳥越陣営がその目先を変えるべく「大島限定消費税5%」なる大花火を打ち上げたが

あんなものを週刊誌側との対決姿勢を表明した後にいくら打ち上げたところで社会の目先は変わらない。

 

正に「後の祭り」だ。

 

この様な「肉を切らせて骨を折られる戦術観」ひとつ取っても当陣営の足並みの悪さが垣間見れてしまう

 ○

また新知事は選挙戦最中に幾度かこの「冒頭解散という核ミサイル」の発射スイッチは自分の手元にはなく

都議団(知事への不信任案可決)と都民にある(リコール成功)事を訴え続けている。

 

つまりこれは「私が気に入らなければいつでもスイッチを押して貰って結構」…という決意表明という訳だ。

 

 

今回の選挙は、当選するのも大変だったろうが、当選後に突入する「捻れ都議会」の収拾の方が遥かに難解な作業なの始めからわかっていた。

 

新知事は

予め核ミサイルのスイッチの所在を宣誓する事で、ステレオタイプに反発する事が予測される与党都議団に対して一定以上のコミットを担わせる事に成功した。

 

これは有権者からの直接選挙で選ばれた自治体組長ならではの妙手だと言える。

 

彼女には縺れまくったゴルディアスの縄を解く手段が見えているようだ

 

○○

 

次いで

小池女史の自民党離脱〜新党結成の可能性についてだが

 

少なくとも現時点に於いて

小池百合子女史自身から離党する事はあり得ない

 

彼女が離党すれば彼女を応援して造反した国会議員・地方議員とその家族が党内で肩身の狭い思いをする事になる。

 

その結果、自民党内は同調者が圧倒的な発言権を持つ全体主義的な思想集団化を爆進するだろう

 

それの推測出来ない彼女ではない事は断言できる。

 

もし仮に党執行部から除名と裁断されれば、党にしがみつく事はなかろうが

自ら党をさる愚行を下す人物とは思えない。

 ○

新知事は党内で造反した仲間の矢面に立ち、党内に於ける良識的批判勢力の柱として存在し続ける責任と使命がある

 

それは他ならぬ彼女自身が一番わかっている筈だ。

 

 

f:id:tamano03:20160801185009j:image 

 

 

 

 

「若者への主権者教育」って結構ムダじゃね?という話

2年ほど前、政治と選挙の関係性について考査すべく

(特定の支持団体を持たない)高齢者を対象の
選挙に関わる幾つかのインタビューを実行した事がある

皆さん始めは口を揃えて政治参加についての意義や選挙の重要性について
極めてフォーマルな意見を述べられるのだが

いざ実際に候補者選定の根拠になると

礼儀正しい
さわやか
華(はな)がある
手が綺麗
孫のスポーツ大会を開催してくれた
秋のバスツアーを企画してくれた

…それはもう見事なまでに政策・行政に関わる分野に関わる根拠は出てはこなかった

大変興味深かったのが

ある大変革新的な発想を持つご夫妻がいて
そのご夫婦の発想・主張自体は
当時大阪で市長をなされていた橋本徹さんのそれと驚くほど同じであった

そこで僕は聞いてみた「橋本徹さんをどう思いますか?」と

するとご主人はこう答えた
「ああ…彼奴はダメだ、喋り方が喧嘩口調で腹立たしい、私は彼には投票しないよ」

対して奥様は
「私は言いたいことをズバズバ言って素敵だと思うわ」という意見であった

またその際併せて「期日前投票」に関する意見も募ってみたのだが

圧倒的に多かったのは
期日前投票という制度事態は賛成だが、利用するつもりはない」
「街頭演説は最後まで投票権を猶予したまま聴いていたい」
投票してしまったら選ぶ楽しみがなくなってしまう
といった内容であった


もしかすると
高齢者の皆さんにとって選挙とは我々世代の抱くイメージからすると
「義務」より「娯楽」に近い存在なのかもしれない

もうじき解散するというsealdsなる政治グループにしても
先頃参議院選挙に出馬した三宅洋平さんにしても

「あいつらはふざけている」
「遊び半分に政治に関与するな」

こういった根拠で
彼らを批判・非難する意見に関しては強い違和感を憶えている

確かに僕としても彼らの主張には全く賛同できないので支持はできないが
只、彼らをバカだと嗤えるほど、我々は利口ではないようにも思えている

たぶん、彼らは「素直」なのだろう
彼らは素直な目で今の日本社会をみつめ
そのルール下に於いて最も合理的な手段を選択しているに過ぎないのではないだろうか?

そんな我々が彼らになす「主権者教育」なるものに
一体どれほどの価値があるのだろうか?


f:id:tamano03:20160717135651p:plain

【東京都議会選挙】小池百合子候補の「冒頭解散発言」を論ずる無駄さについて

東京都知事選挙
どうやら小池百合子女史の出馬表明は一般的な視点で見ると些か早すぎたようだ
(おそらく、1週間くらい)

しかしそれは彼女の置かれた特殊な環境を考慮すれば、やむを得ない選択であった事は察するに易い。

彼女は都議会自民党で推薦者擁立が固まると出馬表明自体が出来なかった
小池陣営はリスクをかけてでも前倒ししなければならない事情があったのだ。

各報道で
「小池候補は都議会自民党が前総務事務次官、桜井氏の擁立を断念すると見て出馬に乗り切った」との見解があったが、それは間違っている

彼女が出馬するには都議会自民党が桜井氏を断念する(つまり、他候補擁立に移行する)その半歩前に出馬表明する必要があったのだ

結果的には
都議会自民党が桜井氏を断念し増田氏を擁立するまでにかなりの時間がかかったので、もう4~5日出馬表明を遅らすことは可能ではあったが、それは結果論でしかない

ロ-ドレースにおいて地力でハンデを背負う選手が先に仕掛けてライバルを牽制するのは常道なのだ。

…次に「冒頭解散」発言について

あれの実効性を問う言説に全く以て意味はない
何故なら「知事にそんな権限がない事」は始めからわかりきっているからだ

あの一見馬鹿げたアタックの真の目的は
文春報道…つまり「文春砲」を無効化する為の、いわば迎撃ミサイルのようなものだ。

みずから放ったミサイルによって彼女は公約反故の十字架をいきなり背負ってしまったが
本日現在、彼女に対する文春報道を揶揄する世論は霧散している

「肉を切らして骨を断つ」、その効果は絶大であった。

「早い出馬表明」「冒頭解散という捨て身技」他に良策が無かったとはいえ
リスクを犯した負担は必ずチームの屋台骨にかかる

今、彼女のチームがのらりくらりとしているのは、選挙終盤の追い脚を残す為だろう

選挙戦は文字通り戦い・勝負事だ
公約構築も実際の都政運営も必ずしも彼女がその全てを担う必要はない
他に(良い意味での)官僚適正のある優秀なブレーンを擁すればよいだけだ

政治リーダーにはその様な役人適正などより…
・不利な駆け引きに粘り強く挑む胆力・忍耐力
・勝負所を見極めるセンス・冷静さ
・中央突破へ踏み込む度胸…こういった勝負師適正の方が余程大切だと僕は考える

すくなくとも現時点までの戦局をみる限り、小池女史の選択は全く兵法に則っている
「さすがは元防衛大臣である」といわざるを得ない

今後の展開を注目したい